家族が痴漢で逮捕されたと警察から連絡がきたら

身近にあった刑事事件

  • HOME
  • >
  • コラム
  • >
  • 家族が痴漢で逮捕されたと警察から連絡がきたら

家族が痴漢で逮捕されたと警察から連絡がきたら

突然、警察からの連絡で夫や息子などが痴漢の罪で逮捕されたと知ったら気が動転してしまいますよね。ショックも心配も大きな不安も抱える事になるでしょう。けれど、例えその痴漢の罪が冤罪だとしても逮捕から拘留決定までの72時間は家族であっても接見する事が出来ません。この72時間の間に行われるのは、警察や検察などの取り調べです。冤罪問題も多い痴漢のケースには過酷な取り調べから、本人が犯していない罪を認めてしまう場合もあります。

逮捕段階からすぐに本人と接見出来るのが弁護士です。逮捕段階から接見できるメリットには、過酷な取り調べに対してどのように対応していけば良いのかなど適切なアドバイスをもらう事が出来ます。

そして本人から家族へ、家族から本人への伝言を弁護士に頼む事も出来ます。差し入れを頼む事も出来ます。冤罪の場合には逮捕されてから本人はとても心細い思いをする事も少なくありません。弁護士は辛い状況にいる本人と家族を繋いでくれる強い味方になってくれます。

そして家族や一般の人と弁護士では面会の内容も変わってきます。弁護士の接見には時間制限がなく、土日祝日の曜日も関係なく接見が可能になります。更には警察官の立会無しで、本人と二人での接見が許されるのです。

大切な家族の逮捕の知らせで気が動転している時だからこそ、専門知識に優れた弁護士に依頼する事で、家族の気持ちの負担も軽減されるでしょう。

投稿日:2017/04/12